1. TOP
  2. OCIMの強み
  3. Wスクール

Wスクール

最短3年間で差が付くWスクールシステム(柔道整復学科と鍼灸学科を両方同時入学)

両方の資格取得を目指したい人は、異なる学科を昼間部と夜間部を分けることでダブルスクールが可能になり一方の入学金を全額免除や学納金の一部を軽減するシステム。

Wスクールシステムの流れ

大きなメリット

学費減免額(最大)190万円(入学金・施設維持管理費・奨学金含む)

通常、柔道整復師とはり師きゅう師の3つの資格を取得すると一般的に800万~1000万円の費用が必要となる場合があります。1学科3年間通学するのを2学科3年間で同時入学することで入学金や学納金が減免され学費免除が最大190万円になり、軽減することが可能になりました。

沖縄統合医療学院のダブルスクールだと3年間/合計670万円の費用で同時受講出来ます。

種別 1学科入学(初年度のみ) 2学科同時入学(初年度のみ)
入学金 55万円 55万円免除(1学科分)
実習教材費 20万円 20万円×2学科
施設維持管理費 10万円 10万円免除(1学科分)
授業料 95万円 95万円×2学科
初年度 合計 180万円 260万円(100万円免除)

ダブルスクールの就職メリット

『柔道整復師』と『はり師・きゅう師』の国家資格を取得し、"鍼灸整骨院"という形で開業する方や、超高齢化社会・スポーツ・美容等など幅広く治療を行えたり進路を考える上では大きなメリットになります。また、卒業された方にも、卒業後に異なる国家資格をチャレンジするのもスキルアップに繋がります。

卒業生の声・・・「ダブルスクールで奮闘中!」

診られる側から診る側へ 新しい人生をスタート

鍼灸学科/柔道整復学科 Wスクール卒業生 堀田 直哉(元競輪選手)

鍼灸学科/柔道整復学科 Wスクール卒業生

堀田 直哉

プロスポーツ選手に憧れていた私は、高校で出会った競輪でプロの世界に入りました。
19歳から約20年間、プロ競輪選手として生活し39歳で引退。引退する数年目から次の道を考えていた時に、選手としてサポートしてもらう側からサポートする側になるのも良いなと思い、今の道を選択しました。
沖縄を選んだのは、住みやすそうな環境と日本全国を回った選手時代にも一度も訪れたことがないという、興味本位からでした。

Wスクールをしようということ自体は最初から決めていました。自分のなりたい姿を思い描いた時に、資格が1つじゃ足りないと思ったんです。実際に入学してみて感じたことは、思った以上に大変だっということ。
何もかもが新しい知識で、勉強量は2倍あるのに、勉強する時間は1/2という感じです。
そんななかで、一番有難かったのは、寮が近いこと!少しでも勉強する時間が増えるので...。本当に大変ではあるけれど、両学科の友人ができることはとても楽しく、2倍の支えで乗り切れて今があります。

私は3年間で3つの資格を得るという最短の道を選びましたが、もし時間的な余裕があるのなら、4年間でのWスクールというのも良いかもしれません。
そうしたら重複して習う基本知識などをより活かせると思います。

ダブルスクールで絶対夢を叶えたい!

鍼灸学科(夜間)3年 × 柔道整復学科(昼間)3年|多和田真治

鍼灸師/柔道整復師 Wスクール卒業生

多和田 真治

僕の母は看護師だったので、小さい頃から医療が身近にありました。人を治せる仕事、人と深く関われる仕事というものに興味を持ち、進路を決めたのは高校2年生の時。3年生になってこの学校を進学することを決めました。でも、どちらの学科もとても面白そうで学科を迷っていて・・・。その時、母が「だったら両方行けば良い」とWスクールの背中を押してくれました。2学科を学んで絶対に損はないし、それぞれの学科の勉強にも良い影響を与えてくれるんじゃないかと、僕自身は軽い気持ちでWスクールを選択しました。何より、3年間で3つの国家資格を取得できるって、すごくお得だと思ったんです。「時は金なり」ですね。

この3年間はやっぱりちょっと大変でした。でも、僕は昼間部で柔道整復師、夜間部で鍼灸学科を選択したのですが、特に夜間部での鍼灸学科では昼間に働いている人も多くいます。大変なのは自分だけではないので、2倍になるテスト量以外は特別Wスクールだから苦労したということはありません。高い目標意識を持って取り組んでいるクラスメイトはたくさんいますし、皆それぞれの生活スタイルの中で努力しています。僕にとっては、Wスクールがそれだったということです。
実は1,2年生では、それぞれの学科で学んでいる・・・という感じがしていました。でも3年生になると、その2つが結びついていくんです。今、ようやく2学科の知識と技術が交差して、1つの大きな力になってきていると感じています。

3年生になると、周りに「Wスクールをしていれば良かった」という人が増えてきます。いざ国家試験対策に入ると、もう一学科への興味が湧いてくるのかもしれません。同時に入学すれば学科の負担も軽減されますし、僕は最初軽い気持ちで選択したけれど、進学時にこの進路を示してくれた母に今とても感謝しています。就職活動時にも、3つの資格を取得予定であることがとても評価されました。確かにWスクールでの勉強は大変ですが、意欲のある人にはぜひ挑戦して欲しいと思います。僕はこれから鍼灸師と柔道整復師それぞれの知識と技術を総動員して、3つの資格を持っているからこそ提案、実践できる施術方法で、病気やケガに苦しむ多くの人の役に立てるよう頑張りたいと思います。

大きな力を掴む入口はここから!

沖縄の地で将来の基礎となる知識と技術の習得にじっくり集中する3年間。OCIMは就職・改行についても全力でサポートいたします。県外から入学される場合は、さらに沖縄留学補助金制度を利用することが可能です。

ご興味いただけたら、資料請求もしくは個別説明会にお申込みください。

お申込みお待ちしてます!|個別説明会&資料請求について
資料請求について 個別説明会について