1. TOP
  2. 社会人の学生インタビュー
  3. 卒業生の声

卒業生の声

与那原 永之(柔道整復学科1期生)

自分が何かをすることで感謝の言葉をもらう こんなに嬉しいことはない

さんだん花ガーデン整骨院/柔道整復師
与那原 永之(柔道整復学科1期生)

小さい頃からスポーツが好きで、実は当初体育教師を目指していました。ところが大学在住中にケガに苦しむ友人たちを見て施術家に魅力を感じるようになり、柔道整復師になろうと決意。整骨院で助手をしながら学校に通うという、ハードな日々でした。柔道整復師の魅力は、常に新しい知識や技術を追求し自分を高めていけるところです。これからも一人の患者さんをいろんな角度からサポートできるように、日々頑張りたいと思います。

屋良 宣条

更なるステップアップのため勉強は大変だけど高い目標があるから頑張れる

出張施術業/鍼灸師
屋良 宣条(鍼灸学科1期生)

現在スポーツ指導に関わる仕事をしており、その仕事に役立てたいと思い入学しました。午前中は事務的な仕事をこなし、午後から授業を受け、職場に戻って夕方から夜まではスポーツ指導の仕事と、ハードな日々。正直、毎日の勉強はとても大変です。でも、入学前にしっかりと目標を定め高い志を持つことができれば、同じように夢を持った仲間たちが支えてくれます。先生方もみんな親切で個別の対応もしてくれるので心強いです。

宇良 優希(柔道整復学科1期生)

知識が技術を支えてくれる 今後は学んだことを社会に還元できる人に

株式会社ワイズケア/柔道整復師・鍼灸師
宇良 優希(柔道整復学科1期生・鍼灸学科1期生)

柔道整復師として働きだして約2年。学校の授業では実技が好きで座学は大変だったけれど、今多くの患者さんと接していて感じるのは、いかに知識が大切かということです。授業で習った病気やケガの患者さんが来院された時、学んだことが身になっているという実感が湧きます。その知識や技術を、これから様々な人たちに還元していくことが今の目標です。そのために、今後はもっと外の世界に出て視野を広げていこうと考えています。

鳴海 里香

患者さんにとっての一番良い状態を一緒に作る

株式会社グローバルスポーツ医学研究所/鍼灸師
鳴海 里香(鍼灸学科1期生)

元々ボディリラクゼーションの仕事をしていたので、働きながらOCIMに通いました。1日のサイクルが朝:仕事→昼:学校→夜:仕事という毎日は大変でしたが、先生も同級生も助けてくれてとても有意義な3年間でした
卒業後も交流があり、たまに集まって皆で情報交換等を行っています。
今は「問診の難しさ」を肌で感じながらも、患者さんに「来て良かった」と言ってもらえるように日々努力しています。

伊禮 修太

他県の医師との交流も刺激に心のケアもできる関係を築く

FC琉球/柔道整復師
伊禮 修太(柔道整復学科3期生)

卒業後は県外の整骨院に1年間就職し、その後約半年間の研修を経て、正式にFC琉球でチーム専属スポーツトレーナーとして働いています。施術をする際に一番難しい点は、選手の希望と身体の状態、そして監督・チームの希望のバランスをとることです。
時には完全に治っていなくても、試合に出なければいけないこともあります。そんな時は心のケアも一緒にしながらモチベーションを保ってもらうように心がけています。

屋具志堅 悠<

調子の悪い部分だけでなく「その人」をずっと診たい

嶺井第一病院/理学療法士・鍼灸師
具志堅 悠(鍼灸学科1期生)

私は以前取得した理学療法士の資格を活かして病院のリハビリ施設で働きながら、OCIM時代から続けている県内プロバスケットチームの専属トレーナーについて、鍼灸師としても日々勉強をしています。これからさらに経験を積み、ただ 患者さんの悪いところを治療するのではなく、様々な角度からそれぞれの人の症状に合わせたオーダーメイドの治療が可能な施術家を目指しています。

具志堅勝也/多和田真史

想像していた柔道整復師の施術する機会が多い場所

堤整形外科/鍼灸師
具志堅勝也(柔道整復学科4期生)<写真:左>
多和田真史(柔道整復学科5期生)<写真:右>

現在の職場には、同じOCIM卒業生の多和田さんと私の2名が就職しています。整形外科では、骨折や捻挫、脱臼などの外傷はもちろん、教科書で習うような珍しい症状とも日常的に向き合うことが多いのが特徴です。
当院には柔道整復師のほか理学療法士も勤務していますので、同じ患者さんに対し、医師も含め3つの視点で意見を交換しながら施術方法を決めていきます。今は学校で学んだ知識や技術をさらに磨く毎日です。